TPMS(Tire Pressure Monitoring Ststem)対応

タイヤの空気圧が少なくなると警告を発し、パンクなどによる事故の未然防止に貢献する最先端技術、TPMS(Tire Pressure Monitoring Ststem/直接的タイヤ空気圧警報システム)。スピードスターは世界で始めてこのTPMS対応リムを完成させました。エアバルブセンサーユニットに対応するインナーリムのウェル形状は特許技術です。
もちろん、エアバルブセンサーユニットだけでなく通常エアバルブ(LVI-5)にも対応しており、機能性は充実しています。

※エアセンサーユニットを装着し、ご使用される場合にはエアセンサー用ロングキャップとバルブエクステンション1個をお買い求めください。


ウェル形状

スピードスターホイールの開発力と高い技術力が可能にした、TPMS(エアセンサー)対応フルリバースリム形状3ピースホイール。
その特徴といえるインナーリム部分のウェル形状は、エアセンサーが装着できるように設計されているほか、ウェル部分が大きくなり、エアボリュームが増すことで乗り心地が向上し、快適なクルージングが楽しめます。


高硬度、HTMリム

スピニング製法による成型後、熱処理、仕上げ肯定を経て、その後さらに熱処理を施して完成するのがHTM(Heat-treatment-manufacture)リムです。
リムを熱処理することによって強度が増し、リム厚を肉薄化できるため軽量と強度の両立を実現しました。